トイレ水漏れ修理業者の選び方【選ぶ時には信頼できるところを】

Menu

トイレの水漏れ種類と対処

トイレ

給水系統にトラブル

トイレ水漏れが発生する原因はトイレの給水設備の消耗や老朽化です。水栓トイレは水道管からタンクに向か給水パイプのつなぎ目部分で発生します。給水系統は常に水道からの圧力が掛かっており、水を流すことでタンクに給水されるシステムになっています。近年、タンクレスやタンクと便器が一体となった洋式トイレが多くなり、タンクと便器が別々のタイプの場合はタンクから便器に水を送るパイプでも水漏れが起こることがあります。水道から吸水される止水栓とタンクとパイプの接続部分のパッキンが長期使用による劣化で隙間が出来て水漏れが生じるのです。トイレ水漏れが発生すると水のトラブルを対処する業者を呼ぶ人が多いでしょうが、トイレ水漏れはそれほど難しい修理ではないので自分でもできます。トイレ水漏れはトイレ詰りと異なり、特殊な道具やノウハウが必要ないため、ホームセンターの水道用具売り場でパッキンを購入すれば、レンチとドライバーを用意すれば簡単にトイレ水漏れを解消できます。まずは、マイナスドライバーを用いて止水栓で水を止めます。タンク内の水を一度流して、タンクを空にします。漏れが生じている場所のバルブをレンチを使用して緩め、内蔵されているパッキンを取り出し、新しいものと交換します。外したバルブを元通りにしっかりと締めればトイレ水漏れは確実に止まります。業者を呼べば、基本料金や部材実費に出張費などが回収され10,000〜15,000円は請求されますが、自身でトライすれば500円もかかりません。